borshch
brand
FREEDOM SPECTACLES
FREEDOM SPECTACLES

FREEDOM SPECTACLES ●Concept of the brand 「時代を行き来する圧倒的な自由」 過去から現代、さまざまな時代背景から得たヒントを 独自の解釈でデザインに落とし込み、表現される形はジャンルレス。 キーワードは、型にはまらないジャンルレス、クラシックでもモダンでもない。 スペクタクルスは、眼鏡という意味です。近年、EYEWEARと表現することが多いですが、あえてスペクタクルスとすることで本物志向を示しています。 全てハンドメイドとなります。 かけ心地へのこだわり 海外モルは外人の顔に合わせて設計されており、日本人に合わないことが多いです。外人は顔が細く、鼻が高く、眉と目の間が狭いので低い鼻パットでもサングラスをかけたとき、眉が隠れます。(なのでかっこいい)一方日本人は全てがその逆なので鼻のかかりが悪く、下にずれ、眉とサングラスの間が空きます。とてもかっこ悪いです。フリーダムは平均的な日本人にはとてもかけやすいはずです。レンズのおおきさ、鼻ぱっと、テンプルの形状など、すべてにこだわりました。 また、通常一つのモデルに3-5色ほどのブランドが多いですが、少し多めにして選ぶことが楽しむことができる。 FREEDOMの「F」と自由の象徴「鳥」を融合させたマークが全モデルのモデル名にロゴを作っています。*モデル名にまでロゴを作っているブランドはないと思います。 ●モデル名には1950-60年代にアフリカ系アメリカ人が自由を求めて立ち上った公民権運動に参加した人の名前を付けています。 HARRY:大きめのウェリントンタイプ カラーは6バリエーション智の部分に三つ鋲をあしらいアクセントとしています。フレームを少し太めにすることで存在感を出しています。カラーでお勧めはテンプルの色が半分べっこうタイプになったものでかけたときに、横顔が決まると思います。このハリーというモデルが定番的なモデルになればという思いで制作しました。 ROSA:ボストンタイプ、ブリッジのところはキーホールといわれるタイプ(鍵の穴のような)こちらは女性にかけてもらいたいという思いからつくりましたが、実際は男性も多く購入しています。 MARLON:ラウンドタイプ(少しボストンにちかいですが、イメージはラウンドになるかと思います)メタルリムでセルを挟み込むタイプで今一番注目を集めているコンビネーションタイプになります。メタル部分がゴールドとシルバー、セル部分がブラック、トート、イエロートート、さらにレンズがクリアータイプ、カラータイプと全9バリとなります。 BAKER:サーモント、ブローなどと呼ばれているタイプ。レイバンのクラブマスターというモデルが有名ですが、はっきり言って日本人には小さすぎます。この大きさはお店で販売している中で、お客様の声を反映したものとなります。同じフレームでも、カラーレンズが入ったものと、クリアレンズが入ったものではカラーレンズが入ったもののほうが小さく見えます。ベイカーはサングラスタイプでも日本人にぴったりの大きさです。サーモントタイプも現在非常に人気があります。   ●CONTACT:Reminence TOKYO (レミネンス) 東京都渋谷区神宮前5-29-9 Tel 03-3499-7755          

Dear Deer Dept. /ディア ディア デプト
Dear Deer Dept. /ディア ディア デプト

Dear Deer Dept. ●Concept of the brand 「緑に映えるバック、自然との調和をするバック」というコンセプトに厳選された素材、地場産業に拘った縫製、洗練されたスタンダードなバッグ、個性的な色使いや主張する素材に落とし込んだリアルなバッグを探求。 帆布生地は 岡山県の倉敷の帆布(厚手の6号パラフィン帆布(ロウ加工))、上質な国産のナイロンとのコンビは撥水性のある機能性もあります。 『ある冬の暖かい場所』のように、心華やぎ、心踊る様な、 日常のなかで晴れやかな気持ちになるような、少しでも自然が溢れるようにと願いを込めてオリジナリティー溢れるクリエイティブな物作りを提案しています。 商品一点一点に、ワイルドフラワーと芝生の種を付属しております。   ●Designer 中井基裕 服飾専門学校 卒業。 卒業後 バッグ企画会社、メンズアパレル会社、皮革アパレル会社に入社し、デザインを担当する。 退社後、2009年に独立。Dear Deer Dept. を設立。 ●URL: http://dear-deer-dept.com/index.html ●Contact Dear Deer Dept.    Tel:06-6765-1151        

JUMP
JUMP

JUMP ●Concept of the brand 1975年に創設され2007年ニューヨークのソーホーにフラッグショップをオープン。 以来、ニューヨークを代表するシューズブランドとして幅広い層に支持されています。 常に大胆な素材使いを意識し、クラシックでスタンダードなシューズにJUMPらしさを表現することで、 今までにないユニークで斬新なラインナップは、すべての人々を魅了するシューズとして2012年4月に日本・原宿キャットストリートに路面店をオープン。 ◯JUMP名前由来 1975年に創立され、athletic shoes(アスレチック シューズ)ブランドとして誕生した。 ブランドのさらなる前方への進化、グローバルに飛躍と言う想いをブランドネームにこめ「JUMP」と命名。  ◯JUMP歴史 1975年に創立され、athletic shoes(アスレチック シューズ)ブランドとして誕生したJUMP。 80年代に導入したvanquishがカラフルなカラーバリエーションに加え、やわらかい上質な牛革素材を使用したスニーカーとして米国で幅広い層に支持を得たのをきっかけに、 サックス・フィフス・アベニュー(Saks Fifth Avenue)やブルーミングデールズ(Bloomingdales)などで取り扱われた。 米国のみならず、アジアそして、2002年には、ヨーロッパにおいて、プランタン(Printemps)、ギャラリー・ラファイエット(Galeries Lafayette)、 トップマン(TOPMAN)などて、取り扱われた。2007年には、NEW YORK、ソーホーの中心部にフラッグシップ・ストアをオープン。 そして、2012年、日本において路面店を原宿にオープン。 JUMPコンセプト Neo-luxe(新しい-自分にとって贅沢な気持ちを感じさせてくれる物や事)を概念に、素材使い、上品質、NEW YORK Life Style。 これらを決定的に収束し、大胆かつファッション性の高いデザインでメンズ、ウィメンズともにファーカスしたカジュアルラインとスニーカーラインのコレクションは、 ドレッシーなスタイルにもラフなスタイルにも合わせられるファッショナブルなプロダクトがコンセプトです。 ●Contact: JUMP 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-18-2  TEL: 03.6427.2578  

池之端銀革店
池之端銀革店

池之端銀革店   ●Concept of the Shop “細部”にこだわり“全て”を自分たちで作る。 私たち池之端銀革店は、商品一点一点を自分たちで作る職人集団。 だから、一般では簡略化されがちなデティールにも、最新の意匠を込めることが出来ます。 コバ(加工時の革の断面)の処理もそのひとつです。 特殊なノリで磨き、鉋(カンナ)による丁寧な面取りで独特の丸みを出す「本磨き」には絶対の自信があります。 日常で使える“ツール”を、百年後も輝く“アート”へ。 過度に流行を追わず、“日常で使いやすい道具”を作りながら100年後も「カッコイイ」と言われるような普遍的なデザインと機能性、品質を追及すことが私たちの目指すものづくりです。 “頑固”に貫いてきた、職人としての“柔らかさ”。 例えば、素材の断裁処理。ただ単純に手作業にこだわるのではなく、あくまで仕上がりの美しさを視野にい入れ、機械と手作業を使い分ける。職人たちの柔軟な創意工夫によって、常に最良のプロダクトをお客様にお届けする。池之端銀革店はこの点において、とても“頑固”です。 ●Concept of the brand cramp:素材そのままの風合いと機能を両立させたスタンダードライン。 cramp black:素材そのままの風合いと機能を両立させたラギットライン。 Dual:精巧な金具、最高級な革を使用し、二面性をテーマに新しい物づくりを提案するライン。 Haru:銀、真鍮を昔ながらのサンドキャスト製法にて鋳造し、ひとつひとつ微妙に違った表情に仕上げているジュエリーブランド。 ●URL: http://www.ginkawaten.co.jp/ ●CONTACT 池之端銀革店 〒110-0008 東京都台東区池之端3-4-20 Tel 03-3828-6605      

Enharmonic Tavern
Enharmonic Tavern

Concept of the brand  Tavern(酒場)には実に多種多様な人種、職種の人々が集まる。僕らはそこで出会い、語り合い、異なる思想や芸術、文化を共有し、共鳴し合う。 そして奏でるEnharmonic(異名同音)の世界観は、架空の新しい国のイメージへと広がる。 理想を意志し、革命を目論むcomrades(同士達)の着る服が、”Enharmonic Tavern”(エンハーモニック・タヴァーン)。 「Enharmonic Tavern」     Enharmonic・・・・西洋音楽において音名が異なっても実質演奏される音 が同じ音となる複数の音のこと Tavern・・・酒場 多様なジャンルの人々が関わり合うプロジェクトチーム”ENHARMONIC”は、 実際にブランドとしてもクリエイターとアーティスト、表現する者と伝える者が手掛けるブランドである。オーセンティックな中にも今を感じさせるディテール、素材や染めによる質感と色が醸し出す個性は、ナチュラルであり、クラシカルな中にロックを感じるという相反する要素が共存しているコレクションを提案。 ブランドの背景となる世界観を伝えるサウンドトラックをent(Atsushi Horie)が担当。

Dear Deer Dept
Dear Deer Dept

●Concept of the brand 「緑に映えるバック、自然との調和をするバック」というコンセプトに厳選された素材、地場産業に拘った縫製、洗練されたスタンダードなバッグ、個性的な色使いや主張する素材に落とし込んだリアルなバッグを探求。 帆布生地は 岡山県の倉敷の帆布(厚手の6号パラフィン帆布(ロウ加工))、上質な国産のナイロンとのコンビは撥水性のある機能性もあります。 『ある冬の暖かい場所』のように、心華やぎ、心踊る様な、 日常のなかで晴れやかな気持ちになるような、少しでも自然が溢れるようにと願いを込めてオリジナリティー溢れるクリエイティブな物作りを提案しています。 商品には、ワイルドフラワーと芝生の種を付属しております。