borshch
僕日記。

【 僕3P 】

どうも!僕です。

本日は、池之端銀革店の新ブランド「boclef / ボクレ」から3パーツが着脱できるお財布をご案内。

 

国内外のブランドを手掛けるフリーランスプレス辻井がディレクターとして革職人が集う池之端銀革店とタッグを組むことで、新しいニュアンスの革小物ブランドを手掛けました逸品になります。
「boclef / ボクレ」は、僕(boku・ボク)と鍵(clef・クレ)の造語。
そのプロダクトは、革小物を中心にバック、アクセサリーからステーショナリーグッズ、さまざまなジャンルの中で人と人を繋ぎ合わせることをモットーにモノを生み出す、その領域は広く、どれもが一度見たら「いいね!」と共感しあえる心の鍵のようなステキなデザイン。

 

さてさて、

どうなっているかと言うと…

こちらが….

 

 

な、なんと! 3つに着脱できちゃうのです〜!

一番大きいサイズでお札が折らずに収納可能、さらにカード、小銭を別のスペースに収納できます。

旅先で、スポーツ時に!?で小銭ケースだけ使いたい〜など、様々なシュチュエーションに合わせてご使用を頂けるのも嬉しいサイズならでは!!

お子様や会社の後輩にお買い物を頼む時にも効果的!?(笑)

 

 

今回、パッと見の可愛いデザインやカラーだけではなく、真鍮によるチャーム3型をいわずと知れた、Haru氏のサンドキャスト製法による鋳造で仕上げてます。
1000℃という高熱の中、独特の砂混じりで仕上がった金属を、1つ1つ丁寧に手作業で仕上げています。

ハンドクラフトによる1つ1つに、ふたつとない表情こそが大切なのです!
遊びのあるデザインとしっかりした作り込みが僕と池之端銀革店の職人チームとの絶妙なバランスによって生まれた新しいバランスなのです。

使用しているオリジナルの革は、歴史ある姫路のタンナーにより、フルベジタブルタンニンでなめされた牛革をオイルなめしと言う特殊な技法で仕上げた、オイルシュリンクレザーを使用しています。

仕上げには、本場イタリア製のオイルとワックスが使用され、使い込むにつれ色が濃くなり艶が増しにより革味が良くなります。

 

 

着脱できる小、中サイズのファスナーには、ボールチェーン仕様することで、

開閉時のファスナー使いにも気の利いた使い勝手の良い仕上がりに。

 

 

価格: ¥13.650
カラー展開:3色

 

他にネックレス、キーホルダーもあります!

こちらは、先行予約も承ってますので要チェックをお願いします。

 

 

ディレクター 辻井 国裕(アナログクリエイター)
本業は、国内外のブランドを手掛けるアタッシュ・ドゥ・プレスのボルシチ代表。
その傍らでアナログアート活動、ショッププロデュースと、さまざまな業態から発信される最先端情報を自分らしくアイデアを盛り込み
「今、」を表現する独自のクリエイションに注目を集める。
2009年5月:洋服とカフェバーの複合型ショップ「ボニル」オープン! 2010年11月:姉妹店「ボニコ」を名古屋緑区徳重にプロデュース!

 

ここ最近、描いた作品一覧。

 

 

◎商品のお問い合わせ

● ブランド名:boclef (ボクレ)
問い合わせ先:池之端銀革店 110-0008 台東区池之端3-4-20    Tel&Fax  03-3828-6605   http://ginkawaten.co.jp

 

◎PRのお問い合わせ

●office borshch

 

 

ほな。